1. HOME
  2. 支援成果論文
  3. 主要論文の解説文分子プロファイリング支援

分子プロファイリング支援

Hippoがん抑制経路の活性化を伴う新規がん促進機構の発見
-転写共役因子VGLL3はHippo経路の活性化を介して細胞増殖を促進する-

千葉大学大学院薬学研究院 
山口 憲孝

J. Biol. Chem. 295: 8798-8807 doi.org/10.1074/jbc.RA120.012781 (2020)

解説文

細胞分裂終了時における染色体パッセンジャー複合体の不活化に対する
APC/CCdh1ユビキチンリガーゼ複合体の役割

徳島大学大学院医歯薬学研究部 口腔生命科学分野 
工藤 保誠

Journal of Cell Science, 133(18):jcs251314, 2020年, doi: 10.1242/jcs.251314

解説文

トポイソメラーゼ阻害活性を有する海洋天然物lamellarin N (LamN) の化学修飾による耐性EGFR T790M/C797S阻害薬の創製

岩手医科大学 薬学部 西谷直之
長崎大学環境保全センター 福田勉(被支援者)

Cancer Sci. 112: 1963-1974, DOI: 10.1111/cas.14839. (2021)

解説文

進行前立腺がんの新しい治療薬を開発

金沢大学がん進展制御研究所 
髙橋 智聡

Oncogene, 39: 5690-5707, 2020, doi: 10.1038/s41388-020-1381-6

解説文

核内RNA分解による細菌感染応答
―サルモネラ感染時において核内RNA分解機構を介して免疫応答を引き起こす

千葉大学 大学院薬学研究院 
今村 亮俊

EMBO Journal, 37(13) DOI: 10.15252/embj.201797723 (2018)

解説文

ヒト幹細胞メモリー様CAR-T細胞の創出における、NOTCH-FOXM1経路の役割

慶應義塾大学医学部微生物学免疫学教室 
竹馬俊介

Cancer Res, 80: 471-483 Doi: 10.1158/0008-5472.CAN-19-1196. (2020)

解説文

がんの骨転移の新たなメカニズムの解明
〜がん細胞由来分泌型マイクロRNAが造骨型骨転移を誘導する〜

東京医科歯科大学医学部附属病院 がん先端治療部
佐藤信吾

Proc Natl Acad Sci U S A. 115(9):2204-2209 DOI: 10.1073/pnas.1717363115 (2018)

プレスリリース

piRNA生合成機構「ピンポン経路」の解析に有用なショウジョウバエ培養細胞株の作出

東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 
塩見美喜子

Genes Dev. 30: 1617-1622 DOI: 10.1101/gad.283929.116. (2016)

解説文

抗腫瘍性天然物サフラマイシン群の化学−酵素ハイブリッド迅速全合成

東京大学大学院理学系研究科化学専攻 
谷藤涼、大栗博毅(被支援者)

J. Am. Chem. Soc. 140:10705. DOI: 10.1021/jacs.8b07161 (2018)

解説文

治療抵抗性骨肉腫への新規分化転換治療法の開発
-ROCKの阻害は、化学療法抵抗性の骨肉腫細胞に脂肪への最終分化を誘導し、腫瘍形成を抑制する-

星薬科大学薬学部病態生理学研究室
清水孝恒

Cancer. Res. 79: 3088-3099. DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-18-2693 (2019).

解説文

がん生き残りの代謝戦略としてのチミジン異化

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
河原康一(被支援者)、古川龍彦

Cell Rep. 19(7):1313. DOI: 10.1016/j.celrep.2017.04.061. (2017)

解説文

抗がんペプチド系天然物ヤクアミドBの作用機構解明

東京大学大学院薬学系研究科
伊藤寛晃

J. Am. Chem. Soc. 140, 12189-12199 DOI: 10.1021/jacs.8b07339 (2018).

解説文

化合物と結合する標的タンパク質の網羅的解析法を構築
-結合によるタンパク質の熱安定性変化に注目-

国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター
室井 誠

Cell Chemical Biology,27(2):186-196.e4,2020年. DOI:10.1016/j.chembiol.2019.11.010

プレスリリース

植物由来抗がん剤の仕組み
-標的タンパク質にRNA配列特異性を与える小分子化合物-

理化学研究所 RNAシステム生化学研究室
岩崎信太郎

Mol. Cell,73: 738-748,2019年. DOI:10.1016/j.molcel.2018.11.026

プレスリリース

EGFR変異陽性肺がんに対する新規耐性克服療法の発見
- Brigatinibと抗EGFR抗体併用療法により、EGFR変異陽性肺がんのオシメルチニブ耐性を克服する-

(公財)がん研究会 がん化学療法センター 
片山量平

Nature Communications, 8: 14768,(2017) DOI:10.1038/ncomms14768

プレスリリース

このページの先頭へ