支援申請

  1. HOME
  2. 支援申請

支援申請

申請画面

申請から支援までの流れ

手順1 下記の公募要領をご確認いただき、申請条件を満たしている方は、審査のお申し込みが可能です。
手順2 アカウント登録の上、申請画面よりお手続きください。
※本年度より新規登録システムになりましたので、以前に支援を受かられた方も新たにアカウント登録を行ってください。
※「モデル動物作製支援」、「病理形態解析支援」、「生理機能解析支援」、「分子プロファイリング支援」の4つの支援活動班ごとに登録が必要です。
手順3 登録締め切り後、プラットフォームで支援可能かどうか審査します。
手順4 審査の結果が「可」の場合、担当者と直接連絡をしていただき、支援をします。
手順5 本年度の支援が終了しましたら、報告書にご記入し送信してください。

公募要領

申請フォームに進まれる前に、以下の項目をご確認ください。

【申請資格】①〜③の全てに該当される方です。

今年度の支援対象は、2017年度科研費(新規・継続)に採択されている方です。
年度内に結果をお返しできるような支援内容であれば、申請可能です。
支援を利用して得られた研究成果、すなわち論文、書籍、学会発表、特許、あるいは支援活動により作製された遺伝子改変動物やそこから樹立された細胞などの研究資材等について、本プラットフォームが申請者名を明記の上、支援事業の成果であることを公開することにご同意いただける方です。
1)審査基準 審査においては、限られた支援経費の中で広く多様なニーズに対して支援することに加え、提供した支援によって期待される研究成果やインパクト、新たな研究領域の開拓の可能性などを考慮して選定を行います。
2)免責事項 提供する支援内容によっては、様々な要因によって、想定された結果が得られない場合や成果物の取り扱いにおいて事故が生じることもありえます。支援機能ごとに免責事項を定めておりますので、採択となった場合は、支援担当者から説明を受けた上、支援が開始されるまでに所定の同意書等を交わしていただくことになりますことを、予めご了承ください。
3)共著論文の可能性 提供する支援・手法によっては共著論文とすることがあります。支援機能ごとに規定がありますので、採択となった場合は、支援開始前に支援担当者から説明を受け、必要な場合は協議を行ってください。
4)謝辞の記載義務 当プラットフォームの支援を受けた科研費研究課題において成果論文を発表する際は、謝辞に、当プラットフォームの研究支援を受けて行った研究の成果であることを必ず記載してください。表記方法は以下の通りです。
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP 16H06276.
5)成果論文の報告義務 当プラットフォームの支援を受けた科研費研究課題において成果論文を発表した際は、必ず当該年度末までに成果報告フォームより報告してください。成果論文の発表までに数年以上かかった場合でも、必ず報告してください。
6)その他 支援が年度内には終了しない可能性のある方は、該当する支援項目の班長にお問い合わせください。

公募要領に同意し、申請フォームに進む

このページの先頭へ