1. HOME
  2. 満足度アンケート~被支援者の声~

お知らせ


2022年度成果発表会

満足度アンケート~被支援者の声~

AdAMSでは、2020年度より成果報告システムを稼働し、被支援者の方々に、支援によって得られた研究成果をご報告いただいております。

ここでは、成果報告システムに搭載されている「満足度アンケート」の研究支援についての満足度や支援へ寄せられた声をご紹介いたします。

  • 2020年2月〜2021年3月までの回答数:245件
  • アンケートの回答対象者:612人(2016年度〜2020年度末までに支援を受けたことがあるすべての研究者)
  • アンケート回答者数:177人(28.9%)
    • 複数回支援を受けた被支援者は、それぞれの支援についてアンケート回答するため、回答数は回答者数を上回っています。

1)採択通知から支援完了までの時間 回答数:245件

2)問い合わせ時の対応 回答数:245件

3)支援の実施内容 回答数:245件

4)支援解析結果・リソースの説明 回答数:245件

5)支援完了後のフォローアップ 回答数:186件

6)総合評価 回答数:245件 

7)被支援者から寄せられた声

一部のコメントを以下に掲載いたします。

モデル動物作製支援活動

  • 今後も形を変えて、このような支援の継続をお願いしたい。
  • 残念ながら論文などの成果はございませんが、迅速にマウスを作製していただいたことは大変感謝しております。
  • 研究の進展に重要な正確性、迅速性にすぐれている。
  • 今回の成果登録Webサイトですが、論文成果などを一括して登録できず不便を感じました。また、一度登録した内容の修正が簡単にできず使いづらい印象がありました。
  • 今後もこのような支援を拡充して継続してほしい。
  • 非常に丁寧にご対応下さり、大変有り難く存じます。誠に有難うございました。
  • 毎回ログインしてからの業績登録に時間がかかるので、次回より簡易なフォームがあると助かると思います。
  • マウス作製をご支援いただきました。非常に手厚いご支援でした。心から感謝しております。
  • 支援期間内に何度か試みていただきましたが、動物が作製できなかったため、現在も引き続きお世話になっているところです。支援される側の過失によらない場合(たとえば、正しいコンストラクトを早く送ったにも関わらず出来ない場合など)、継続支援を検討していただけると助かります。
  • こちらの希望に合わせて対応をしていただきありがとうございました。
  • 支援がまだ完了しておりません。
  • 本支援プラットフォームが今後も継続されることを切に希望致します。
  • マウスが得られなかった。
  • マウス作成支援ありがとうございます。現在成果の投稿中です。掲載の際には改めてご連絡差し上げたいと存じます。
  • 遺伝子改変マウスが短期間で得られたものの、所期の性能は得られなかった。
  • とてもありがたい支援です。5)について;得られたマウスは残念ながら失敗作であったが、作り直していただけるということなので、期待しております。
  • 遺伝子改変マウスの作成支援は、日本の研究力向上には大きな役割を果たしている。マウスを用いた仕事は時間がかかるので、短期的に成果は出にくいかもしれないが、長期的にみて非常に大きな意義と効果があると考えられる。ぜひ、本研究支援を続けていただきたい。また、マウス作成に携わっておられる方々に、感謝申し上げます。
  • まだ完了していませんが、何度もトライして頂き、支援には満足しています。
  • ご支援賜り、助かっております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 1年目で成果を出すことは困難なため、2年目からの成果を反映していただけたらと思います。
  • この度は、ご支援いただき感謝いたします。
  • ご支援いただきまことにありがとうございます。現在当施設の動物施設が新規受け入れを中断中で、凍結胚の状態でお待ちいただいております。今後再開して研究を始められたらと考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。
  • 専門的立場からご助言を頂き大変助かりました。
  • まだモデルマウスは受け取っていませんが、今後の研究に大きな弾みがついたと思います。ご支援を頂き有難うございました。支援番号は分からなかったため、申請時の受付番号を記載しました。間違っていたら申し訳ありません。
  • 作成していただいたマウスがまだ小さいので、成果をご報告するのはもう少し時間がかかりそうです。
  • 研究支援が今後も継続してくれることを願います。
  • 素晴らしい支援制度で、研究を大幅に展開することができております。まだ研究の途中ですが是非大きな成果を挙げて皆様のご支援に応えたいと思っております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
  • マウス作成でお世話になった時に、一度目で表現型がほとんど出ませんでした。その際、八尾先生からご連絡いただき、新奇マウスの作成をご提案いただきました。大変感謝しております。ありがとうございました。
  • まだマウスの取得に至っていない。

病理形態解析支援活動

  • 大変ありがたい制度ですので、今後の継続を希望いたします。
  • 消化管標本の作製・解析の経験がなかったため、神田先生に支援・評価していただいて助かりました。negative dataで残念でしたが、時間を無駄にせず結論が出て感謝しております。
  • 大変助かっております。今後もこのような支援が継続され多くの研究者の助けとなればよいと願っております。
  • データは詳細だが、意味が理解できるのに時間がかかる。ポイントがサマライズできているとよいが。
  • 病理組織染色の採択通知が2件ありましたが、実施まで至ったのは1件だけでした。
  • 自分の専門でない分野を専門の先生にご支援いただける,素晴らしいサービスだと思います。コロナ禍ということもあって,自分から専門家の先生を見つけるのがなかなか困難な中,適任の先生にご支援いただき,論文をほぼ完成させることができました。依頼者の費用の負担がないこともよいと思いますが,利用者負担があっても続けていただけるとありがたいです。

生理機能解析支援活動

  • 今後もこのような支援を拡充して継続してほしい。
  • このような支援プログラムは大変有用だと思います。これからもこのような取り組みが継続されることを希望します。また、研究の完成には時間がかかります。特に、近年論文受理には膨大なデータが要求され、論文一つ完成するのに3-5年かかります。継続した支援があるとありがたいです。
  • 支援に関して丁寧に相談に乗ってくださるので、大変助かりました。
  • データは詳細だが、意味が理解できるのに時間がかかる。ポイントがサマライズできているとよいが。
  • 時間的にかかっているという印象。年度内にできればいいという感じ。
  • プロジェクト全体として、個々の研究者が実施する研究を推進する上で素晴らしい取り組みと考えます。本事業により新しいリソースを得ることで、研究の質を高められていることを実感します。我々が支援してくださっている池田先生、西澤先生のグループは非常に親切丁寧かつ建設的な姿勢を常に持って下さることが大変心強く感じております。本事業が今後も継続的に行われるよう宜しくお願いいたします。
  • 採択通知は来ましたが、その後の連絡対応が殆どありませんでしたので、解析依頼していません。故に評価ができませんでした。
  • 当方の事情で、まだ外部に支援をお願いする段階にないプロジェクトの支援をお願いしたこともあり、結局、白黒つけにくい結果となり、申し訳なかったのですが、実験内容に関してはできるだけのことをしていただいたと思います。
  • 自分ではできない実験をしていただけて大変助かりました。
  • 素晴らしい支援ですので今後も継続をお願いしたいと思います。
  • どの様な質問にも丁寧にお答えいただき、安心して支援を受けることができました。
  • ありがとうございました。
  • 私は教授職ではございませんので、やはり金銭的負担の大きい技術に関しては研究遂行上必要とわかっていてもお金の工面ができず、なかなか挑戦する機会を得ることが難しい状況です。しかしながら、この制度は研究内容と挑戦したい技術を総合的にご判断頂き、技術の支援を頂けますので、この制度があったからこそ、Nature Communなどの雑誌に掲載される成果が出せたと考えております。ぜひ、若手や挑戦的な課題(すぐに成果が出ませんが、新規性の高い挑戦的課題)への支援としてこのような制度を継続して頂ければ幸いです。
  • 素晴らしい支援と考えます。研究に大きな進展が得られております。引き続き、事業の継続をお願いしたいと存じます。
  • 素晴らしい支援であると考えております。このような支援により、私共のトランスレーショナル研究が大きく進展しています。今後も是非、本事業の継続をお願いしたいと存じます。

分子プロファイリング支援活動

  • 本支援により加速度的に研究を進める事が可能になり、大変助かりました。この様な取り組みが今後とも、長期に渡って継続されていく事を希望します。
  • 支援内容は大変良かったのだが、研究結果としてはネガティブデータとなってしまった。
  • ご支援を頂きましてありがとうございます。成果については徐々にまとまって参りまして、次年度より成果発表が報告できるかと存じます。
  • いつもご支援頂いております先生方、特に清宮先生、川田先生にはとても感謝しております。今後も御指導、ご支援を頂き、研究を推進して参りたいと存じます。
  • 成果登録フォームが使いづらいです。個別の登録ページで全体像が見えなくて困るので、メインメニューがツールバーの様にあって履歴や過去の登録内容を参照しつつ修正できるようにしていただけると使いやすくなると思います。
  • このような素晴らしい支援を無償でいただける本プラットフォームは大変助かります。また成果発表会についても、ただの技術サポートだけでなく、研究者交流の機会もいただき大変感謝しております。
  • ご支援ありがとうございます。化合物を使用した結果が出ているので、来年度は論文発表できるようにいたします。
  • 2019年度一年のご支援をいただきました。まだ実験途中で、直接の成果を発表するところまで至っていませんが、来年度以降、できるだけ早く成果を発表し、支援サービスによる成果に貢献したいと考えています。どうもありがとうございました。
  • がんパネル試験は、私どもの研究を遂行する上で大変助かっています。今後とも支援を続けていただければ幸甚です。
  • 清宮先生、川田先生には化合物ライブラリのご提供とその後のサポートを頂いており、本当に感謝申し上げます。
  • 支援を受けてまだ間もないので、今回はアンケートのみとさせていただきました。

Page Top