リンク

  1. HOME
  2. 概要・活動内容
  3. 病理形態解析支援

病理形態解析支援 Support for Pathologic Analysis

班長 豊國伸哉(名古屋大学)

申請はこちら

活動内容 Support Activity

げっ歯類を中心とした真核生物個体の病理形態学的な解析を支援する。がんなどの腫瘍性病変のみならず、炎症性疾患や神経変性疾患など生命体個体のすべての系統に関して、幅広い専門家が対応することが可能である。8名全員が日本病理学会病理専門医でもある。ヘマトキシリン・エオジン染色のみならず、特殊染色、免疫染色、in situ hybridizationや電子顕微鏡撮影にも対応する。iPS細胞の専門家もおり、iPS細胞からの動物モデルの解析時などに対応可能である。

We provide cutting-edge pathologic analyses on rodents and other species. We consist of 8 registered pathologists, and can cover all sorts of pathologic alterations, including neoplasia, inflammatory conditions and neurodegenerative diseases. We can perform not only routine pathologic investigation (hematoxylin and eosin staining) but also special staining, immunohistochemistry, in situ hybridization and electronmicroscopic analysis. We can also conform to the analysis of iPS cell-derived animals.

支援の特性 Characteristics

薬剤投与の際の臓器の形態学的変化や種々の遺伝子改変動物の表現系の解析を支援することができる。個々の動物モデルの表現系に応じて、専門とする担当者を決定する柔軟な対応を行っている。ヒトの疾患を熟知した病理形態学の専門家が揃っているので、動物モデルの対応するヒトの疾患を高確率に決定することが可能である。また、iPS細胞をはじめとする先進的な再生医学・発生工学的手法による解析も得意としており、奇形腫のみならず、胎児の先天性奇形なども解析が可能である。標本の作製の実務ならびにその診断を提供する。標本の作製や画像のデジタル化のみも可能である。

Our major analyses focus on morphological alterations after drug (chemical) administration, and the phenotypic investigation on genetically engineered animals. Because 8 members cover the whole area of pathology, we are flexible enough to find your person in charge, providing a high possibility of finding the phenotypes of genetically engineered animals. We include members who have abundant experience on iPS cells and genetically engineered animals with recently developed techniques. We can also provide the detailed analysis of fetus. We usually provide with preparation of pathologic specimens from tissues with detailed diagnosis, but only preparation of pathologic specimens or producing virtual slides is also available.

支援例 Examples

  1. 遺伝子改変動物に肉眼的な変化があるが、どのような病変なのかわからない。
  2. 動物個体の死亡原因を知りたい。
  3. 動物モデルのヒトにおける対応疾患を知りたい。
  4. 動物モデルにおいて、すべての臓器に形態学的な変化がないことを確認したい。
  5. 遺伝子改変動物が胎児期に死亡するが、その原因を突き止めたい。
  6. Tissue microarrayを作製したい。
  7. 自らの手ではうまくいかない免疫染色を何とか染めたい。結果を評価してほしい。
  8. レーザー・マイクロダイセクションで特定の細胞群を切り出したい。
  9. プレパラートの画像をデジタル化して、virtual slideを作製したい。

など、種々のことが可能ですので、ご相談ください。

  1. Correct and detailed pathologic diagnosis for the macroscopic alterations in animals
  2. Cause of animal death
  3. Corresponding disease name as human counterparts
  4. Confirmation that there is no morphological alterations in the genetically engineered animals
  5. Cause of fetal death
  6. Production of tissue microarray
  7. Reproducible immunohistochemistry
  8. Dissection of morphologically distinct cells
  9. Digitalization of pathologic information into virtual slides

Starting from macroscopic findings

Histology with accurate diagnosis

Important information with special staining

Analysis of embryo with serial sections

Production of tissue array from multiple samples

Laser microdissection

担当者一覧 Members for this support

豊國伸哉(名古屋大学)
鰐渕英機(大阪市立大学)
今井田克己(香川大学)
二口 充(名古屋市立大学)
上野正樹(香川大学)
宮崎龍彦(岐阜大学)
神田浩明(がん研究所)
山田泰広(京都大学) 
以上8名
Shinya Toyokuni (Nagoya University)
Hideki Wanibuchi (Osaka City University)
Katsumi Imaida (Kagawa University)
Mitsuru Futakuchi (Nagoya City University)
Masaki Ueno (Kagawa University)
Tatsuhiko Miyazaki (Gifu University)
Hiroaki Kanda (Cancer Institute)
Yasuhiro Yamada (Kyoto University)

支援申込みフォーム

申請はこちら

 

このページの先頭へ