イベント情報

  1. HOME
  2. イベント情報
  3. 平成29年度若手支援技術講習会

イベント情報

http://www.takinoyu.co.jp/

参加申込みはこちら

内容・目的

先端モデル動物プラットフォームを構成するモデル動物作製、病理形態解析、生理機能解析、分子プロファイリングの各支援班、およびイメージングプラットフォームから、支援内容や各技術についてワークショップで紹介します。また、動物モデルを用いた最先端の研究についてサイエンスレクチャーの講演を行います。そして、若手参加者全員による発表(口演またはポスター)と討論を行い、最新の技術や知識を習得して見聞を広めること、および若手研究者によるネットワーク構築することを大きな目的としています。

演者・講師

ワークショップ(技術支援紹介)

モデル動物作製 荒木喜美(熊本大学)
病理形態解析 二口充(名古屋市立大学)
生理機能解析 宮川剛(藤田保健衛生大学)
分子プロファイリング 清宮啓之(がん研究所)
井本正哉(慶應義塾大学)
イメージング 深澤有吾(福井大学)

ワークショップ(生理機能解析支援)講演

中山敬一(九州大学生体防御医学研究所)

サイエンスレクチャー講演

青木正博(愛知がんセンター) shRNAライブラリースクリーニングによる新規大腸がん転移抑制因子の同定
篠原隆司(京都大学) Spermatogonial stem cells: an introduction to a fertile field
藤田恭之(北海道大学) 正常上皮細胞と変異細胞間に生じる細胞競合
山田泰広(京都大学) iPS細胞技術を用いたがん研究

参加費

参加対象者

簡易プログラムはこちら

参加者の声 (H28年度)

  • 論文ではわからないことを学ぶ良い機会だった。30代男性 助教
  • 長いと思った講習会もあっという間で、大変有意義であった。30代男性 博士院生
  • 修士学生だがこのような会に参加でき、とても有意義だった。20代女性 修士院生
  • 初参加だったが、刺激を受けた。20代男性 博士院生
  • 異分野との融合が図れるこのような会が続いてほしい。20代男性 博士院生

参加者の専門分野/性別/所属/役職(H28年度)

専門分野 がん・ゲノム・イメージング・神経・発生 男女比率 女性:29% 
男性:71%
所属 東京大学 理化学研究所 大阪大学 微生物研究所 京都大学 
がん研究所 金沢大学 国立がん研究センター その他多数機関
役職 大学院(博士)39%
ポスドク 20%
助教・講師 18%
大学院(修士)16%
その他  7%

平成28年度開催報告はこちら

その他

お問合せ

金沢大学がん進展制御研究所
若手技術講習会実行委員事務局
定免由枝
E-mail: amodel-wakate@umin.ac.jp

このページの先頭へ