イベント情報

  1. HOME
  2. イベント情報
  3. 平成28年度【先端モデル動物支援プラットフォーム】若手支援技術講習会

イベント情報

平成28年度新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」
若手支援技術講習会(略称:先端モデル動物支援 若手技術講習会)

文科省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】の支援活動の一環として、若手支援技術講習会を以下の要項で開催致します。プラットフォームの概要についてはこちらをご覧下さい。

この技術講習会では、プラットフォームを構成するモデル動物作製、病理形態解析、生理機能解析、分子プロファイリングの各支援班からの講演と、若手参加者全員による発表(口演またはポスター)と討論を行い、最新の技術や知識を習得して見聞を広めること、および若手研究者によるネットワーク構築することを大きな目的としています。がん、ゲノム、神経、発生などの医学生物学領域で研究をスタートさせたばかりの大学院生から、博士研究員および助教等の若手研究者に集まって頂き、若手研究者が主体のワークショップとなるよう、事務局が支援致します。ぜひとも、研究室に所属する若手の皆様の参加をご推薦頂けますよう、お願い致します。

先端モデル動物支援プラットフォーム若手支援技術講習会
実行委員長 大島正伸(金沢大学がん進展制御研究所)

開催要項

名称 平成28年度新学術領域研究「学術研究支援基盤形成【先端モデル動物支援プラットフォーム】」若手支援技術講習会
(略称:先端モデル動物支援 若手技術講習会)
会期 平成28年9月14日(水)午後〜9月17日(土)昼の3泊4日間
会場・宿泊 蓼科グランドホテル滝の湯
http://www.takinoyu.co.jp
プログラム PDF会場図・日程表・プログラムPDF(380KB)
参加対象 ・ 平成28年度科学研究費を獲得している研究代表者の研究グループに所属する若手研究者(概ね20〜30代)。代表者本人の参加も可。
・ 大学院生、博士研究員、助教等が主な対象です。
・ 原則として全日程参加をお願いします。
演題登録 締め切りました
その他 ・交通費・チケット手配は各自でご負担ください。
・宿泊費(含食費)はプラットフォームから支援します。ホテルへの宿泊予約等は不要です。
事務局 〒920-1192 金沢市角間町
金沢大学がん進展制御研究所 腫瘍遺伝学研究分野  大島浩子
TEL 076-264-6761/ FAX: 076-234-4519
E-mail: amodel-wakate@umin.ac.jp
主催 文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成
【先端モデル動物支援プラットフォーム】
総括支援班 若手支援技術講習会 実行委員会

講演

特別講演 中村 卓郎 先生(公益財団法人がん研究会 がん研究所 発がん研究部)
がんのモデルマウス:動物個体を使った研究の面白さと将来性
モデル動物作製班 大島 正伸 先生(金沢大学 がん進展制御研究所 腫瘍遺伝学)
マウスモデルを使った 生きた疾患の理解
伊川 正人 先生(大阪大学微生物病研究所・附属感染動物実験施設)
実験動物におけるゲノム編集技術について
病理形態解析班 上野 正樹 先生(香川大学 医学部 炎症病理学)
脳病理組織の解析方法について—血液脳関門障害の機序解明を例にして—
生理機能解析・
光プローブグループ
宮川 剛 先生(藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門)
マウスはヒト疾患のモデルになる—生理機能解析と炎症性疾患の研究から—
分子プロファイリング班 旦 慎吾 先生(公益財団法人がん研究会 がん化学療法センター 分子薬理部)
細胞に聞け!化合物が拓く生命科学の新境地
川田 学 先生(公益財団法人微生物学研究会 微生物化学研究所 第1生物活性研究部)
これは使える!化合物ライブラリー 〜ケミカルバイオロジーのススメ〜

実行委員

委員長 大島 正伸(金沢大学)
モデル動物作製 筆宝 義隆(千葉県がんセンター)
病理形態解析 二口 充(名古屋市立大学)
病理形態解析 上野 正樹(香川大学)
生理機能解析 宮川 剛(藤田保健衛生大学)
分子プロファイリング 清宮 啓之(がん研化療センター)
  清川 悦子(金沢医科大学)
藤田 恭之(北海道大学)
篠原 隆司(京都大学)
広田 亨(がん研究所)