イベント情報

イベント情報

成果発表会
参加の皆様へ

実験動物関係教職員高度技術研修[ゲノム編集マウス・ラット作製]
平成29年度(第23回)高度技術研修会参加レポート

日程:2017年11月27日(月)~11月30日(木)
場所:大阪大学医学部
主催:国立大学法人動物実験施設協議会
共催:先端モデル動物支援プラットフォーム

平成29年度 実験動物関係教職員高度技術研修 報告書

東京大学医科学研究所 発生工学研究分野
菊池 美緒

私はこれまで医科学研究所の支援業務としてES細胞を用いた相同組換えによる変異マウス作成やCRISPR/Cas9システムを用いてのノックアウト、ノックインを行ってきましたが、私の所属する発生工学研究分野が文部科学省の「先端モデル動物支援プラットフォーム」の「モデル動物作成支援班」の担当となったことから、これまで以上にゲノム編集マウスを作成する機会が増えました。そこで、ゲノム編集の理解を一層深めるとともに、情報の共有とさらなる技術習得を目指して本研修に参加しました。
講習会はゲノム編集技術の俯瞰的な講義に加え、実際にゲノムを設計するにあたっての各論的な内容にも富み、ゲノム編集動物がどのように作られ、解析され、応用されているか知るかことができました。また実習では他の参加者の素早い胚移植の手技を目の当たりにし、自分の手技向上に対する意欲が非常に強まるなどとても良い刺激になりました。さらに、他の参加者の方と話す機会を持てたことでマニュアルに載らないようなちょっとしたコツも聞くことができたことも大きな収穫です。
この研修で得た知識と技術を今後のマウス作成に大いに活かしていきたいと考えています。

このページの先頭へ