申請マウス・ラットモデル作製・解析プロフェッショナル あなたの研究をステップアップさせる最新・最適手技

http://platform.umin.jp/links/model.html

主要論文の解説

満足度アンケート~非支援者の声~

生命科学連携推進協議会

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各種制限のため、今後の審査・支援業務に支障が出る可能性もあり得ますこと、予めご了承ください。

支援申込み

モデル動物作製支援 第2回公募期間:8月2日(月)〜9月30日(木)
病理形態解析支援 第2回締切:9月30日(月)
生理機能解析支援 第2回締切:8月16日(月)
分子プロファイリング支援  
I. 化合物評価支援  第3回締切:10月22日(金)
II. 分子探索支援 第3回締切:10月22日(金)

最新情報

2021.7.26 2021年度若手支援技術講習会の参加登録を開始しました。NEW
参加締切は8月10日(火)です。
2021.6.10 下記を更新しました。
主要論文の解説文:モデル動物作製支援
主要論文の解説文:病理形態解析支援
主要論文の解説文:分子プロファイリング支援
2021.6.10 主要論文の解説文の生理機能解析支援を更新しました。
2021.5.21 病理形態解析支援の申請受付を開始しました。
2021.5.20 成果論文リストを追加しました。
2021.5.20 満足度アンケート~被支援者の声~を追加しました。
2021.5.11 動画で研究内容を紹介します。リンクはこちら
以前の更新履歴はこちら

「AdAMSのノウハウ」書籍紹介
マウス・ラットモデル作製・解析プロフェッショナル

本支援活動で培った技術や実際に支援を受けたユーザーの成果を、モデル動物を用いた研究に関心のある生命科学系の多くの研究者に役立てていただく目的で作成いたしました。

詳細・無料進呈のお申込みはこちら

報告義務

当プラットフォームの支援を受けた科研費研究課題において成果論文を発表した際は、必ず当該年度末までに成果報告フォームより報告してください。成果論文の発表までに数年以上かかった場合でも、必ず報告してください。

対象 2016年度〜2021年度に、当プラットフォームの支援を受けた方

成果報告についてはこちら

謝辞記載のお願い

研究成果の公表に際しては「先端モデル動物支援プラットフォーム 」による支援を受けた旨を明記して下さい。

<Acknowledgmentの表記方法>
英文:This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number JP 16H06276 (AdAMS).
和文:本研究はJSPS科研費 JP 16H06276 (AdAMS)の助成を受けたものです。

このページの先頭へ